So-net無料ブログ作成
食いしん坊 ブログトップ

犬用弁当 [食いしん坊]

先週、里帰りした時に、東北自動車道の安達太良SA(サービスエリア)で車を停めた時、
「愛犬用どら弁ポチ」ののぼりが目に入りました。
以前ワイドショーの行楽特集で、ドライブ中に飼い主と一緒に食べられる安心なお弁当ができましたと
紹介されていたのを思い出し、「これだー!」とワクワクして買ってみることにしました。

店内にはたくさんのおみやげ品があって、一周しても見つけられなかったので、レジで「ポチのお弁当
とかいうのはどこですか?」と聞いたら、冷蔵品のケースの上だという答えでした。
すぐに見つかり、パッケージには「ぽちのおみやげ和風三昧」とあるし、それらしい紙箱入りだったので
幕の内風弁当風を想像して買ったんですが、あれまー中身はこんな感じ。キャラクターのポチかわいいです。ちなみにお値段は1050円。 

senbei.jpg


家に帰ってネットで調べたら、どうやらこれは「どら弁ポチ」とは違う商品で、そちらは630円で、TVで見たようにメインディッシュ、パン、ふりかけ、おやつなどが入っているそうです。
お店の人も商品についてよくわかっていなかったと思いますが、気の弱い私は声に出して言えませんが、パッケージのどこかに「おせんべい詰め合わせ」と印刷しておいてほしかったかなぁ・・・・。玄米やビール酵母ヤギのミルクなどが原料で、犬には安全・安心なおせんべいということなので、今度おやつにあげてみます。

東北には、おいしいお菓子がたくさんあり、高速のSAで休憩する時、おみやげ品コーナーに立ち寄るのは、デパ地下巡りが好きな私にとっては幸せな時間です。お気に入りは、ごく一般的ですが、福島の「ままどおる」、「ゆべし(くるみ入り)」、岩手の「かもめのたまご」、「ごま摺り団子」、宮城の「ずんだ餅」などです。今回は福島の「檸檬(と書いてれもと呼ぶ)」が、新たにお気に入りに加わりました。これらのお菓子の共通点はほっとする甘さです。新製品が次々現れる中、ずっと残っていってほしいです。
でも、東北で一番おいしいと思うお菓子はかの有名な仙台(宮城)の「萩の月」です。初めて食べた時の感動は今でも忘れられません。似たタイプのお菓子は全国いろんなところにありますが、全く違うんです。残念ですが、生産者の販売戦略なのかこれまでSAで売られているのを見たことがありません。
                  
         あたしにも、何かちょうーだい!お菓子を食べているとあかりの視線を感じます。

 usagi.jpg


食いしん坊 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。