So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今のだぁれ? [犬との生活]

(うちの)犬はおならをします。
何の前触れもなく、それもものすごく臭いです。

「ん~。くっ くさぁぁぁい」
この臭いの主は、おなかをみせているあかりなのか?
それとも私にお尻を向けているアインなのか?
2人には、変わった様子はないです。
犬の嗅覚は人間の100万倍?とか聞きますが、おならは臭いと思わないのかな?

くつろぎ中のお2人ですが・・・犯人は正直に名乗り出なさい!(なんて格好でしょう)ein_akari_zabu.jpg

    

















あかり 
あたしじゃないわよ~。失礼ね」 
あいん 「むにゃむにゃ・・・(黙秘か?)」
 akari_smoke.jpgein_neteru.jpg

以前、サクラソーのお仲間のどなたかのブログでおなかの調子が悪い時はヤクルトをあげると良いと書いてあった記憶があるので、飼い主(♂)の買い置きのヤクルトをちょっぴりあげてみようと思います。


臭いの主は、このままわからずじまいか、と思ったその時、ぷ~んと、またあの臭いが・・・ 
そして、私は犯人を確信したのでした。

                              
発生元はこのお尻でした。(チャンチャン) ヤクルトもらえてラッキー! akari_hip.jpg


しゃべる犬 [犬との生活]

[霧][雨][霧]今日は一日雨。散歩に行けません。
飼い主も、犬たちと一緒に、リビングで好きなことをして過ごします。なにもしないをする休日。
まったりと時間を過ごすのもいいものです。

あかりは、赤ちゃんの頃から、不思議な声をだします。甘える時・さびしい時の「ヤーンヤーン」という小鳥のような声と、いやな時・退屈した時の「ガウガウ」というガチョウのような声。他にもエド・ハルミさんのRの巻き舌みたいな声で「う~」と言うこともあります。

そういえば、何年か前アインがしゃべった?のを聞いたことがあります。アインは、飼い主が自宅に帰り玄関ドアのカギを開ける音がすると、いつも2階にあるリビングの入り口で、私たちが上がってくるのを待ってくれています。でもその日は、私は買い物をして帰り、戦利品を1階の自分の部屋でじっくりチェックしているうちついつい時間を忘れ、アインを1時間近く待たせてしまいました。するとその時、2階の方から「なんだよ~、なんだよ~」という声が聞こえてきました。(気のせいではないです。)その時は、2階に誰か人がいる?まさか泥棒?いや、きっと朝テレビがつけっぱなしで出ちゃったんだ・・・とかいろいろ考えながら、恐る恐る2階に上がっていったら、静かなリビングでアインが1人待っていました。

実は、アインは、家の中でも散歩中でも大も小もトイレができるのに、平日飼い主が仕事に出て留守をしている間は、なるべくトイレをしないで待っています。そして飼い主が帰宅し2階に上がってくるのを確認すると安心してトイレをして、新しいトイレシーツに替えてもらうのが好きなようなのです。私たちが部屋に一緒にいる時でも、飼い主が他のことに夢中で汚れたシーツを取り替えないでいると、アインは自分の鼻と手を使い、汚れたシーツをサークルの隅っこに片付けてしまうこともあります。アインはトイレをきれいに使いたいんですね。私が聞いたあの声は、早くトイレがしたいあまり出た悲痛な叫びだったのかったのかなぁ~と思います。アイン、あの時はごめんね。

        あかり劇場のはじまりはじまり。カーテンから登場です。 

curtain.jpg

体が大きくなったので、おうちがキツキツ。現在の体重は6.8キロ。このおうちにはお尻からしか入れません。リハウスを希望してます。ボーナス出るまで待ってね。   

house.jpg


外に出れないなら寝るしかないとアインは熟睡中。あかりは退屈だからってちょっかい出したらだめよ~
kogame.jpg senakaawase.jpg


犬用弁当 [食いしん坊]

先週、里帰りした時に、東北自動車道の安達太良SA(サービスエリア)で車を停めた時、
「愛犬用どら弁ポチ」ののぼりが目に入りました。
以前ワイドショーの行楽特集で、ドライブ中に飼い主と一緒に食べられる安心なお弁当ができましたと
紹介されていたのを思い出し、「これだー!」とワクワクして買ってみることにしました。

店内にはたくさんのおみやげ品があって、一周しても見つけられなかったので、レジで「ポチのお弁当
とかいうのはどこですか?」と聞いたら、冷蔵品のケースの上だという答えでした。
すぐに見つかり、パッケージには「ぽちのおみやげ和風三昧」とあるし、それらしい紙箱入りだったので
幕の内風弁当風を想像して買ったんですが、あれまー中身はこんな感じ。キャラクターのポチかわいいです。ちなみにお値段は1050円。 

senbei.jpg


家に帰ってネットで調べたら、どうやらこれは「どら弁ポチ」とは違う商品で、そちらは630円で、TVで見たようにメインディッシュ、パン、ふりかけ、おやつなどが入っているそうです。
お店の人も商品についてよくわかっていなかったと思いますが、気の弱い私は声に出して言えませんが、パッケージのどこかに「おせんべい詰め合わせ」と印刷しておいてほしかったかなぁ・・・・。玄米やビール酵母ヤギのミルクなどが原料で、犬には安全・安心なおせんべいということなので、今度おやつにあげてみます。

東北には、おいしいお菓子がたくさんあり、高速のSAで休憩する時、おみやげ品コーナーに立ち寄るのは、デパ地下巡りが好きな私にとっては幸せな時間です。お気に入りは、ごく一般的ですが、福島の「ままどおる」、「ゆべし(くるみ入り)」、岩手の「かもめのたまご」、「ごま摺り団子」、宮城の「ずんだ餅」などです。今回は福島の「檸檬(と書いてれもと呼ぶ)」が、新たにお気に入りに加わりました。これらのお菓子の共通点はほっとする甘さです。新製品が次々現れる中、ずっと残っていってほしいです。
でも、東北で一番おいしいと思うお菓子はかの有名な仙台(宮城)の「萩の月」です。初めて食べた時の感動は今でも忘れられません。似たタイプのお菓子は全国いろんなところにありますが、全く違うんです。残念ですが、生産者の販売戦略なのかこれまでSAで売られているのを見たことがありません。
                  
         あたしにも、何かちょうーだい!お菓子を食べているとあかりの視線を感じます。

 usagi.jpg


季節の変わり目は健康にご注意下さい [犬との生活]

早くいつもの生活に戻らなければと思いながらも、飼い主(♀)は一日ぼーっと過ごしてしまいました。アインの結膜炎は、悪化してたら病院に連れて行こうと思ったのですが、良くなっていました。[わーい(嬉しい顔)]

思えば、アインは、毎年1回はケガや病気などで動物病院[病院]のお世話になっています。
記憶に新しいのは、去年の春、左目が真っ赤になり、膿で目がくっついて開かなくなってしまいました。目玉の黒目部分をよく見ると、明らかに角膜の一部が、欠けていました。ドッグランで砂でも入ったところを擦ったのか、他の犬と遊んでいて爪でひっかかれたのか、原因は不明ですが、抗生物質を飲ませたり、点眼薬を一日に何回も差して、完治まで1ヶ月かかりました。

またイボができやすい体質のようで、5年くらい前に左目の周りに2ミリ位のイボができ、気にしているようなのでレーザーで切除してもらいました。でもすぐその後同じ場所にできてしまい、今度は病院を変え、あっさりハサミでちょん切ってもらったら、その後再発していません。さらに、2年ほど前ブラッシング中に、胸の白い毛の中に8ミリくらいのピンク色のイボを見つけ、歯石取りと一緒に切除してもらいました。病理検査の結果は良性でした。たかがイボでも、犬の場合全身麻酔が必要で、体の負担やリスクは大きいです。

ケガは男の勲章(古い!)と言ったものですが、今はすっかり落ち着いているアインも、青年期はわんぱくで熱くなる性格だったようで、犬の学校の日はよく小さな傷を作って帰って来ていました。当時は、元気に育ってくれれば、多少のケガはいいかと思っていたのですが、飼い主が泣いてしまうほどの傷を負ったことが2度あります。それも同じ場所、鼻です。[ふらふら]
アインの鼻をよ~く見ると、犬の歯型と縫い目が残っています。初めに鼻を咬まれたのは、3歳位の時で、鼻の上・真ん中あたりにピンク色の小さい穴が数個空いていました。とっくに血も止まっていて、先生が「骨のない部分の傷はすぐに治る」と言ったのを信じ、病院には連れていきませんでした。確かに傷はすぐに治りましたが、痕は残ってしまいました。アインの顔が好きで、常日ごろ「アインは顔が命」と冗談で言っていた飼い主は大ショック。その上、翌年には、子猫[猫]を追いかけ、公園の金網に鼻を突っ込み、引き抜いた時に鼻がすっぱり切れてしまったそうで、傷が深くて8針ほど縫いました。しばらくフランケンシュタイン状態で、黒い縫い糸が痛々しかったです。写真を載せますが、気が弱い人は見ないで下さい。[がく~(落胆した顔)]

                    kizuari.jpg

幸いこれまでアインは大病をしたことはありませんが、季節の変わり目によく吐いたり、おなかをこわします。犬は嘔吐と下痢を同時にしたら、すぐに病院に連れて行けと聞きますが、アインの場合、明け方に泡のようなものを吐き、何時間かして水のような下痢をするのがいつものパターンです。
初めてアインが吐いた時、「ぐるっぐるっ」とおなかのあたりが痙攣し、エイリアンでも生まれて来るような恐ろしい光景[がく~(落胆した顔)]だったので、飼い主は驚きと不安で尋常ではいられなかったです。最近はさすがに慣れて、冷静に対処できるようになり、市販薬で済ませてしまうこともあります。具合が悪いアインには申し訳ないですが、ゲロもピーも、ものすごい悪臭で、じゅうたんやカーテンについたら後始末が大変なので、、広げた新聞紙を手につきっきりの監視が必要です。
3年前の秋、同じ症状になり、休みの日だったし胃腸薬でももらおうと軽い気持ちで病院に連れていったら、肝炎の疑いがあると言われ、そのまま入院となりました。点滴を打たれた上に、いろんな検査をされたので、それからアインはすっかり注射嫌いに。3日後下痢が止まり退院できましたが、その後の医師の説明ははっきりせず。それなのにかなりの額を請求されました。

こんなふうに思い出してみると、現在8歳のアインはけっこう病院のお世話になっていて、症状が重い時は、治療代が3~5万円かかりました。予防接種やフィラリアのお薬、フロントラインなど、毎年必要な出費も多いので、せめてあかりには、病気やケガをしないで、健康な飼い主孝行のワンコになってほしいと願うばかりです。[かわいい]


帰ってきました [犬との生活]

3泊4日の東北ドライブの旅を終えて、横浜のおうちに帰ってきました。
往復で1600キロ以上、東北自動車道を使って計26時間の車の移動でした。
もちろん一番大変だったのは、1人で運転した飼い主(♂)ですが、あかりも初めての旅がんばりました。
アインは、もう旅慣れた様子で、車に乗る姿も滞在先での振る舞いも堂々としたもので、あかりのいい模範になってくれました。

飼い主(♀)の足の下で2匹では窮屈そう。行きのあかりははしゃぎっぱなしで、運転妨害もしばしば。落ち着ける体勢がみつかるまで時間がかかりました。帰りは、さすが疲れたのか静かにしてました。
 tama3.jpg tama1.jpg 

今回の旅の目的は主人の実家の法事。
長男夫婦の私たちは、手伝いで忙しく、犬たちをかまっていられませんでしたが、姪っ子の中学生のかおりちゃんが、ずっと相手をしてくれてました。(感謝!)
実家では、2匹と飼い主は初めて離れた場所(1階と2階)で寝ました。1日目の夜、飼い主たちは、夕食後疲れ果てて熟睡してしまい気がつかなかったんですが、あかりは夜中にク~ンク~ン泣いて、1階に寝ていた人たちに同情されてました。しかし、次の晩になると、アインが隅っこで体を丸めて寝ているというのに、あかりは、バンザイ+ヘソ天(仰向け・開脚)+白目で、ぐーすか寝ていたので、トイレに起きたお義母さんは、こんな格好で寝る犬を生まれて初めて見たとたまげたそうです。

法事についた海鮮づくしのお膳です。生きた巨大あわびに驚きです。ひそかに期待した大間のまぐろはなかったです。
ozen.jpg awabi.jpg 
 
飼い主たちは、車で帰省するのはこれで5回目。
若い頃は、夜中に高速を走り続けたこともありましたが、最近はトシのせいで片道12~14時間のドライブは身体的にきつくなってきました。今回は旅が初めてのあかりも一緒なので、それなら、帰りは青森と横浜の真ん中の宮城あたりの[いい気分(温泉)]で、休憩しながらのんびり行こうということになった次第です。

これまで夏休みに、アインとは清里や蓼科などにドライブ旅行をしてきました。関東近郊は、[犬]犬連れOKのペンションやレストラン、乗り物(リフトやボート)もあり、行く先々で全国の犬好きの人たちと知り合いになれ楽しい思い出がたくさんですが、東北地方には、ペット同伴を許してくれる施設がまだ少なく、犬連れは肩身が狭いです。

今回、宿泊したペンションは、ネットで検索して見つけました。
犬専用の温泉付で、特別グルメプランがあるのが魅力でした。ご飯がとてもおいしく、特に手作り餃子と山形牛のステーキに大満足でした。残念なことには、私たちが入った温泉は明るく広々して気持ちよかったんですが、犬用の温泉(別料金)の方は狭く暗くて、また部屋も少しカビ&タバコ臭かったので、喘息持ちの私は、夕食後発作がでてしまいました。夜中、呼吸が苦しくなり水でも飲もうと思って起きたら、ばらばらに寝ていたはずのアインとあかりが仲良く並んでお布団の上で寝ていました。その姿を見ていたらとても幸せな気持ちになって、いつのまにか私も眠くなっていました。

温泉郷の入り口で巨大こけしがお迎え(インパクトありすぎ)。 ペンションの外壁はピンクで乙女チック。
 togatta.jpg genkan.jpg
  
初めはベッドの下や部屋の隅など、いろんなところで寝ていましたが、最後は持参した普段使いの布団で見事に同じ姿勢で寝ていました。 ターシャ・チューダーが言ったように、寝ているコーギーってソーセージみたいですね。
 nihon.jpg nihon2.jpg 
  
犬は狭いところが落ち着くようで、朝、クローゼットの靴を入れるスペース?に2匹で収まっていました。アインは右目が結膜炎になってしまい白目が真っ赤に。途中からウィンク状態で辛そうでした。あかりもアインが弱っているのに気づいたのか 帰りの車の中では、あかりがアインに時々「大丈夫?」と心配して話しかけているようにみえました。    
  tana.jpg chu.jpg

今回の旅で、アインとあかりも、様々な体験をして、成長してくれました。
特にあかりは、これまで自由気まま、好きな時にトイレをしていたのに、長時間車の中でじっとして、休憩時間にあわせてトイレをするということを経験しました。もともと、散歩中、家の外ではトイレをしないので心配していました。行きでは、1時間半おきにサービスエリアで休憩をとりましたが、アインはすぐにシャーっとしてくれるのに、あかりは全く素振りもないので、飼い主は雨[雨]が降る中「お願い。しっこして~[もうやだ~(悲しい顔)]」と願って、歩き続けるのでした。なので、やっとしてくれた時、飼い主は大喜びでした[ぴかぴか(新しい)]。帰りの高速では、休憩の度とはいかなかったですが、おしっこしてくれるようになり、本当によかった~。[わーい(嬉しい顔)]

ちなみに、旅行中あかりが粗相したのは1回だけ。それも実家に到着して挨拶もすまないうちに、親戚一同が勢ぞろいしている茶の間にいきなり登場し、皆様の目の前でソフトうんもを・・・インパクトが大きすぎる自己紹介に、とんでもない子犬を連れてきたもんだと、その場の誰もが思ったでしょう。でもその後は、トイレの失敗はなく、甘え上手でお得意のおなか見せポーズで2日目にはすっかり人気者に。やっぱりあかりは大物。アインはもともと愛想は良くないので、人付き合いは社交的なあかりにまかせて、1人まったり休日を楽しんでいました。


初めての旅 [犬との生活]

今週末、2匹と一緒に実家に里帰りします。
主人が運転する車で、なんと13時間のロングドライブです。
アインは、これまで何度もドライブは経験済みですが、
あかりは、長時間[車(セダン)]の中でじっとしていられるか心配です。

犬の学校では、ドライブの時は、犬は助手席の足元でフセをさせ、
おとなしくさせるよう教わりました。シートに登らせたり、窓から顔を出させるのは禁止です。
でも、いつも助手席に座っている私の方が誘惑に負けて、アインを抱っこしてしまいます。
コーギーを見てると、ついつい抱っこしたくなりませんか?
ぬくぬく、むちむち感がたまらないですよね~。
もちろん、服に毛がいっぱい付くので、コロコロは必携です。

帰りは、途中、犬連れOKの[いい気分(温泉)]温泉付きペンションに一泊して、のんびりしてきます。
無事もどって来たら、旅の報告しますね!

 実家での親戚との初対面に備えて日曜お風呂に入りました。すずぎの途中から大暴れし、2本足で逃げ出しました。      akari_bath2.jpg akari_bath1.jpg
                              変な顔って言わないでね~!


あかりのお兄ちゃん離れ? [犬との生活]

あかりが、うちに来た時、あかりは朝から晩までアインを追いかけまわし、
そのうえ、アインに乗っかろうとしたり、おもちゃをとろうとするので、
お兄ちゃんは、少々困惑気味でした。
でも、最近は、離れたところで、違うことをする時間が増えました。
あかりも部屋の中に、落ち着ける場所をみつけたようです。

アインは、自分から飼い主に寄ってくることはあまりなく、
きまぐれで、ボールを投げてほしい時だけ、ボール持参でやってきます。
部屋の隅から、私たちをじっとみていることが多いです。
散歩の時も、愛想が悪く(除く制服女子高生)、せっかく撫で撫でされても、そっけないです。

それに比べ、あかりは、いつも誰かのそばにいたくて、家中どこにでも、私たちに着いてきます。
散歩中は、声をかけくれた人たちには、自らご挨拶。甘え上手で、社交的です。
犬の性格もいろいろあるんですね~

    二頭引きはむずかしいです。いつもだんご状態。 並んでフセができるようになりました。
    ein_akari12.jpg  ein_akari11.jpg

 


トリミングに行って来ました [犬との生活]

昨日、アインをトリミングに連れて行きました。
最近、トリマーさんに後ろ足を触らせてくれないそうで、今回は透明なエリザベスカラーを
付けられてました。カラー姿をみたのは初めてなので、飼い主は喜んでしまいました。

仕上がりは、全身ふわふわ、一回りふっくらした感じ。
お尻は、リクエストどおり、まあるく、むっちりにカットしていただき、満足な仕上がりです。
抜け毛がまだひどいそうで、追加料金とられました。

  ein_elizabeth1.jpgein_momo.jpg  

あかりは、順調に成長しています。今日は6.3キロ。1週間で500グラムも増えました。
あいかわらず、食は太く、ごはんもあっというまに平らげてしまいます。
今のところ、与えたもので、食べなかったものはありません。

アインは、初めて食べるものに対しては慎重で、ごはんもゆっくりと、カリコリ、
いい音をたてて、犬にしては珍しく、味わいながらごはんを食べてるんですが、
最近は、あかりが隣でガツガツ、がっついて食べるので、ムードも台無し。
のんびりしていたら、横取りされるので、少し早食いになってしまいました。

あかりを上から見た姿(左が生後1ヶ月<ブリーダーさんからいただいた写真>、右が現在4ヶ月)。細く、長く、お尻が大っきくなりました。レギュラーサイズのペットシーツにも、もう収まりません。
   baby_akari4.jpg akari_size3.jpg


コーギーの魅力 [犬との生活]

私と主人が、初めてコーギーを知ったのは、
10数年前、玉川高島屋の犬のイベントか何かのチラシでです。
大きな三角形の立ち耳と、人なつっこそうな笑顔、
「なんだこれは?」「うぇるっしゅ?コーギー、ぺんぶろーぐ?」
名前も、見た目も相当珍しく、興味は持ったものの、
目玉が飛び出る程の値段で、とても普通の家庭で飼える犬ではないという印象でした。

その後、月日は流れ、紅茶のCMで知名度がアップし、
お散歩中のコーギーを町で見かけるようになってからは、
どうしようもなく気になって、飼うなら絶対コーギー!と決めてました。

コーギーの魅力はたくさんあって、順番はつけられないけれど、
私の場合は、やっぱり「お尻」です。
ま~るい桃みたいで、思わず、まふまふしたい誘惑にかわれます。
尻尾がないかわりに、うれしい時は、お尻ごとフリフリ。
歩く時は左右に大きくフリフリ。お散歩の時は、主人にリードを持ってもらって、
後方から、眺めてみたりします。

はアイン。毛が伸びてボーボーです。下はあかり。将来が楽しみです。

 ein_bud.jpg     

   akari_bud.jpg

 

 

 

 

アインもあかりも、しっぽの根元が残っているので、、うれしい時は、お尻全体がむずむずと動きます。来週、アインはトリミングに行くので、異母兄弟のチャヌ君のシャラポワお尻に対抗できるよう、美尻にカットをしてもらってきます。カットにも上手・下手があって、ピーマンやかぼちゃみたいに仕上がった時は、しばらく悲しいです。


犬の学校 [犬との生活]

[雨]今日は雨。アインはつまらなそうです。
なぜなら、火曜と木曜は、犬の学校の日。
アインはとても楽しみにしているのに、雨の日はお休みなんです。

アインが犬の学校に通い始めて、7年以上になります。
生後4ヶ月で我が家に迎えたアインは、人里離れた犬舎で自由に育ってきたせいか、
咬むは、吠えるはで、飼い主は、相当悩んでいました。
そんな時、偶然この学校を見つけて以来、ずっとお世話になっています。
場所が、通勤途中で送り迎えに便利なこと、年中無休でいつでも預かってもらえて、
日中はドッグランに連れていってくれたり、訓練もしてくれること、
そして何より、お友達犬達が、お利口さんで、目が生き生きしていることが、ここの魅力です。

先生は、訓練が必要なのは、犬よりも飼い主の方だと、初めのうちは、
私も一緒に訓練を受けるように言われ、アインよりも私の方か叱られていました。
ここでのしつけの基本は「まて」と「ふせ」です。「来い」はその後だそうです。

訓練では、わざと駅前の刺激や誘惑が多い場所で、ふせをして「よし」と言われるまでじっと待ちます。後ろの小さい子達は、新入りなので、ふせができていませんが、先輩犬の真似をして、そのうち自然にできるようになります。  

school1.jpg

超大型犬から小型犬までさまざま。犬同士なのでみんな仲良くなれます。

naomi1.jpg naomi2.jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。